総量規制対象外の銀行系カードローン

お金借りる委員会

銀行系カードローンは年収の3分の1以上の金額でも借入できる

総量規制対象外で銀行系カードローンで借りれるって本当?

キャッシングを利用する場合、借りる人それぞれに限度額が決まっているのはご存知ですか?

貸金業者が返済不可能になる無茶な貸付を行わないように、利用者の年収の1/3以上のお金は貸してはいけないことと法律で定められているのです。これを総量規定といいます。しかし、あくまで消費者金融・クレジット会社・信販会社など貸金業者を対象とした法律のため、銀行は対象外となります。

つまり、もし貸金業者で年収の1/3めいっぱいの借金を抱えている人でも、銀行のカードローンなら審査さえ通過することができれば新たなお金を手にすることが可能だというわけです。

総量規制ってなに?

貸金業者にとって貸付利用者や貸付金額が多ければ多いほど売上は伸びます。そのため返済が難しい金額でも構わずバンバン貸付を行い、利用者が窮地に追い込まれることが数多くありました。そこで利用者が無謀な借金を背負わないよう、2010年6月に法律が改正されました。これが総量規制です。

それまではそれぞれの貸金業者の限度額に空きがあれば新たな貸付を行えましたが、改正されたことにより年収の1/3以上の借入れができなくなりました。年収300万円の人なら借入れ可能額は1/3である100万円までとなったのです。

しかも、それぞれの貸金業者に対してではなく、貸付をしているトータルの金額です。もしA社から50万円、B社から30万円借入れをしていた場合、C社と新たに契約を結んでも100万円−50万円−30万円で残った20万円しか借入れできなくなってしまったのです。

たとえアナタがほかに借入れはしてないとウソをついたところで、C社は信用情報機関を通じてA社とB社にそれぞれ借金があることを確認することができます。年収の1/3以上貸付けることは違法なので、どんなにお願いしても20万円までしか借入れすることができません。また貸金業者1社から50万以上、もしくは複数の借入れの合計が100万円を超える場合は年収などを証明する書類の提出も義務付けられました。

総量規制の導入は、収入の少ないアルバイトやパートにとっては大打撃となりました。さらに、それまで容易に借りることができた専業主婦も収入がゼロのため1円も借りることができなくなってしまったわけです。

なぜ総量規制ができたの?

この総量規制が生まれた背景に過剰な貸付があったとお話ししましたが、さらに掘り下げてご説明します。

お金を貸す際には「出資法」「利息制限法」「貸金業法」の3つの法律を守る義務があります。総量規制が誕生する以前、無謀な貸付だけでなくグレーゾーン金利という高金利が当たり前のように存在していました。

「出資法」は貸金業者が立場の弱い債権者に対してボッタクリのような高金利の貸付を行わないように金利の上限を29.2%と定め、違法を犯した場合には刑罰を与えました。「利息制限法」はあくまで債務者を守るための法律で刑罰はないものの、金利が15〜20%と定められていました。

貸金業者はこの金利の差に目をつけました。利息制限法の定める20%を超えても違法ではあるけども罪には問われない、なら出資法の29.2%を超えない範囲の金利で貸付を行えばいい・・・そう考えたのです。これがグレーゾーン金利です。

出資法は債務者が任意で支払うなどの条件さえ満たせば利息制限法の20%を超える金利でも罪には問われない、「みなし弁済」という貸金業者にだけ都合のいい法律が存在していました。契約書にその内容を小さく記入してロクな説明もせずサインをさせ、債権者はそれが違法なグレーゾーン金利だとしても知ることなく支払っていました。

ところ構わず無謀な貸付を行うだけでなく、その貸付に法外な利息までつけていたわけです。膨れ上がる借金を抱えた人のなかには耐えきれず自ら命を落とす者もいました。こうした不正がいつまでも続くはずもなく債権者の命を守るために総量規制が誕生しました。

今では出資法の上限金利も利息制限法と同じ20%と定められており、グレーゾーン金利は消滅しました。一時期テレビコマーシャルなどで頻繁に叫ばれた「過払い金請求」も本来の金利とグレーゾーン金利の差額のことを指します。

総量規制には対象外がある

総量規制の対象は貸金業者による貸付が主ですが対象外になるものがあります。厳密にいうと「除外」と「例外」に分けることができます。

まず「除外」についてですが、住宅ローン・自動車ローン・有価証券や不動産(居宅以外)などのまとまった担保貸付などが当てはまります。高額医療費もこれに含まれます。次に「例外」ですがこれは除外とは違い、貸付は総量規制の対象として計算されますが返済能力があると認められた場合にのみ借入れを行うことができます。

返済金額を減らすための借り換えである「おまとめローン」は利用者にとって有益な借金であるため、たとえ貸金業者が相手でも例外として認められます。アコムやプロミスなど大手をはじめとしたたくさんの貸金業者では「おまとめローン」を提供しています。これを利用するのも手かもしれませんね。

総量規制は個人への貸付を対象に行っているので個人事業主への貸付も、事業計画に無理がないと判断されれば例外となります。また本人に収入がなくても配偶者の同意があれば、配偶者との年収を合算した金額の1/3以下の借入れも例外となります。緊急時の医療費も例外とされます。2011年の東日本大震災の被災者に対しては、支払いが困難なため急きょ「特例」が設けられたました。

では銀行から借りることができる銀行カードローンはどうなのでしょうか?銀行も総量規定の対象外なのでしょうか?

なぜ銀行は対象外なの?

総量規制は貸金業法に基づいて導入されているので対象はあくまで貸金業者で、消費者金融やクレジット会社・信販会社などがそれにあたります。銀行は貸金業法ではなく銀行法に基づいて管理されているため、総量規制の対象にはなりません。そのため年収の1/3以上のお金を貸すことを法律で禁じられてはいないのです。またクレジットカードのショッピング枠に関しても割賦販売法に基づいているため、総量規制の対象外となります。

銀行カードローンなら借りれる?

よし!総量規制対象外の銀行カードローンなら借りられる・・・と思ったアナタ、銀行に対してどのようなイメージを持っているでしょうか?

お堅い・安定・信頼・相談しやすい・丁寧・・・そんな言葉が浮かんでくるのではないでしょうか。その通り、銀行は信頼があり営業も安定していて丁寧親切なのですが、債権者にとって「お堅い」のが非常にネックと言えます。いくら年収の1/3以上の借入れが可能だとしても果たして審査を通過することができるのでしょうか?

銀行カードローンの審査は厳しめ

総量規制の対象外とはいっても借りられる金額には上限があります。銀行カードローンは銀行が独自に審査を行い貸付金額を定めます。そこで重要になってくるのは「返済能力」です。

もちろん安定した収入があるのが絶対条件といえます。返済に無理のない収入に見合った金額を融資されるものと思っておいたほうがいいでしょう。他社から借入れしている場合は、もちろんその内容も信用情報を通してチェックされます。

またライフスタイルも融資額に影響があります。年収600万円で妻と子供2人と賃貸マンションに暮らすAさんと、同じ年収600万で独身を満喫しながら社宅に住むBさんなら、当然Bさんのほうが返済能力が高いと判断されAさんより多く融資を受けることができるでしょう。

貸金業者に比べて銀行カードローンは審査が厳しめと思われがちですが、融資金額が高ければその分、審査が厳しくなるのは仕方がありません。逆にいってしまえば審査さえ通れば貸金業者に借りる以上の金額を手にできるというわけです。

銀行カードローンの特徴

しかし審査が厳しいとはいえ、銀行も今では貸金業者と遜色がないほどに審査もスピーディとなり、タイミングによっては即日融資も可能となりました。提携しているATMを利用すれば手数料がゼロになったり、期間限定で無利息キャンペーンを行っていたりと貸金業者カオ負けのサービスも行っています。しかし、申込む銀行によっては審査に時間のかかるところもあるので注意が必要です。

しかしながら銀行には絶対的な「信頼」がありますから、たとえ銀行カードローンであろうと闇金のように怖い取り立てをされる心配もないです。銀行のカードなら財布に堂々といれておいても怪しまれることは皆無といっていいでしょう。たとえ収入ゼロの専業主婦であろうと配偶者に安定した収入があれば銀行カードローンに申込みをすることが可能です。

またインターネットの普及にともない一般化となりつつあるネットバンクならより気軽に申込みを行うことができますよ。

ただし、審査が厳しいとはいえ無事借入れができた場合には、借りすぎには注意してくださいね。返済能力が認められたからといっても返済するにはやぱり事前にしっかりとした返済計画が重要です。貸金業者よりも高額な借入れを行うことができる銀行カードローンですが、つい大きな金額に気持ちが高揚してしまうのが最大のデメリットかもしれません。

銀行カードローンは低金利をアピールしていることが多いですが、実はそんなことはありません。広告などで表示されている金利のほとんどは限度額が高いものに対してのものであり、限度額が高ければ高いほど金利は下がるため、騙された!と思ってしまう場合があります。実際に利用する場合は自分の希望する借入額だとどのくらいの金利になるか事前に調べておくと「思ってたより金利が高くついた」と焦らずに済みますよ

いかがですか?銀行カードローンは総量規制の対象にはならず、借入れがすでに年収の1/3を超えている人にとって救世主といえる存在です。

ただし、お堅い銀行ゆえ審査が厳しいのがデメリットといえますが審査さえ通れば今抱えている非常事態を脱することができるかもしれません。厳しい審査も逆にいえば、銀行というブランドの強みともいえます。

もちろん返済能力に自信のある人は一度申込みをしてみてはいかがでしょうか?