カードローンでお金を借りる際は職場に在籍確認の電話が来るのか

お金借りる委員会

カードローンでお金を借りる場合は職場に電話確認がくるのか

お金を借りる場合、職場に電話確認がくるのか

飲み会が続いて給料日までやっていける気がしない、いつもなら大丈夫だけどイベントが続いて今月ピンチ!ことってありますよね。給料日がきたら、またはボーナスが早くきたら・・・なんてアテがある時使えるのがキャッシングです♪「えー、借金なんてヤダ」と思うかもしれませんが、キャッシングも使いよう。賢く利用すれば怖いものではありません。

しかし、いざ借りようとする時になんだかイヤ〜な気持ちになるのが「在籍確認」。なんだか後ろめたい気持ちになるのはなぜでしょうか?もし上司が電話にでてキャッシングしてることがバレてしまったら・・・そう考えると不安になるのもわかります。出来れば避けたいものです。

もしキャッシングを利用する場合、職場に電話確認がくるのはゼッタイなのでしょうか。もしかしたら職場に電話をかけずに済む方法なんて存在する?一緒に電話以外で在籍を証明するは方法はあるのかを確かめてみましょう。

職場に電話確認がくる理由

キャッシングをする時、なぜ職場に電話確認がくるのでしょうか。その理由は簡単で、申込者がウソをついていないか確認をするためです。もしウソをついていた場合は正しい審査を行えません。キャッシングもボランティアでお金を貸しているわけではありません。会ったばかりの申込者のいうことをウラも取らずに信じるのはリスクがありますよね。

本当は無職でお金を返せるアテなどないのに申込用紙にウソの勤め先を記入しているかもしれません。そんな人にお金を貸しても返済できるわけがありませんし、そういったリスクを避けるために職場に本当にその人が勤めているのか真実のウラ取りを行うのです。

しかし、最近はこの職場への電話確認がネックとなり本当はキャッシングをしたくても足踏みしてしまう人が多いようで、その要望に応えるべく電話確認をしないで済むキャッシングもで登場しました。

職場に電話しなくても在籍確認できるの?

一部のキャッシングでは職場の電話確認をしないで済むように配慮したため、それまで躊躇してた人が気軽にキャッシングできるようになりました。職場へ電話確認を行わないで融資をするというのは消費者金融にとってはリスキーですが、これはどういうことなのでしょうか。

もちろん申込用紙に書いていることを鵜呑みにするわけではありません。職場にいることを確認できる書類を提出してもらうことでこれをカバーしているのです。具体的にいうと勤務先がわかる健康保険証や社員証または直近の給料明細書などで、消費者金融によって指定される書類は異なるので利用する際は確認してください。

職場への電話確認をなくしたWEB完結というシステムをモビットが導入し、キャッシング業界に旋風を巻き起こしました。それほど革命的なことだったのです。しかし、なかにはこのような書類も提出しなくていい、職場への電話確認もしないという怪しい悪徳キャッシングもあるので注意してくださいね。

どんな電話がかかってくるの?

職場に電話確認がないキャッシングが登場したといってもまだまだ少数派。ほとんどのキャッシングはやはり職場への在籍確認を電話で行います。職場に電話がかかってきた場合いったいどのようなことを話すのでしょうか?また聞かれるのでしょうか?

まず「アコムですが〜」と消費者金融であることを名乗ることはありません。貸金業法により「契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはいけない」と定められているので本人と確認されるまで社名を名乗ることはありません。

「田中ですが、鈴木さんはいらっしゃいますか?」というように担当者の個人名を名乗ってきます。ただし銀行に限っては銀行名を名乗るようですが、もし問題があるようなら事前に伝えておくといいでしょう。

電話に本人以外が出た場合

もし外回り中だったり、席を外していたり、ほかの電話にかかっているときに在籍確認の電話がかかってきた場合はどうなるのでしょう。すごく不安になりますよね、でも大丈夫。さきほどお話ししたように本人と確認できるまでは社名を名乗ることはまずありません。

さらに在籍確認は必ずしも本人がでる必要はなく、会社に在籍している事実を確認できればOKなのでたとえ外回り中であっても、席を外していても大丈夫。そこで在籍確認完了となり、本人がでるまで掛け直すということもありません。

ただし「休んでいる」「今はいない」など在籍があやしい場合に限ってはさらに突っ込んで確認することがあるそうです。といっても「いつから出社しますか?」「いつ頃ならいますか?」と当たり障りのない内容なので心配する必要はありませんよ。

電話に本人が出た場合

もし自分以外の人に電話にでてもらっては困る!という人は事前に相談しておけば都合のいい時間帯に電話をしてくれる場合もあるようですよ。では本人が在籍確認の電話に出られた場合はどんなことを聞かれるのでしょう。

まず氏名・生年月日・住所を聞かれ本人と確認されれば、そこで初めて社名を名乗ります。申込み内容の確認をして在籍確認は終了となります。ちなみに職場の連絡先が固定電話ではなく携帯の場合は在籍確認ができたとしても審査は通りませんので悪しからず。

電話確認で起こるトラブルとは?

ここで在籍確認で起こり得るトラブルについてお話しします。消費者金融は他人にバレないように配慮はしてくれますが、なかには詮索好きな人もいるわけで残念ながらバレる可能性もゼロではありません。しかし事前にそのような事態を想定して動いていれば落ち着いて対処することもできるはずですよ。

まずひとつは社員の人数が大きい職場だったり、部署が分かれていたりすると社員の名前を全員が把握しきれていない場合があり、本当は在籍していても「そのような人物はいない」と言われてしまう場合があります。またはアルバイトの立場で社員に名前を認識されていない場合も。こうなってしまうと審査を落とされまたイチから申込みをしなくてはならないので、より確実に自分に連絡のいく内線まで記入しておくのが良いでしょう。

また社名ではなく個人名を名乗って電話をかけてくるため「私用電話は取り次ぎません」と相手にしてくれない場合もあります。そうなると在籍してるか否かもわからずに審査を進めることはできなくなります。事前に職場に「自分宛に在籍確認の電話がくる」と伝えておくのもいいでしょう。「クレジットカードを作る」といえば疑われることはありません。

また電話確認を行うスタッフの性別によっては不倫を疑われるケースもなかにはあるようです。自営業の人だと家族が電話にでるケースもありますよね。もし奥さんがでて知らない女性から旦那宛に電話がきて詳しく聞いても教えてくれない・・・旦那さんもなんだかよそよそしい。確かに怪しむかもしれません。事前に伝えておくと同性スタッフで対応してくれることもあるようです。

ちなみに「この社名を名乗ってくれ」「保険会社を装ってくれ」などの要求はできません。このように偽ることは法律違反なのです。しかし相談によっては「保険の件でお電話しました」「保育園のことでお話しがあります」などと曖昧な要件を伝えてくれる消費者金融もあるようです。

また今はどこからかかってきたか番号通知されている電話機がほとんどです。基本的には番号通知オフで電話をかけますが、なかには非通知を拒否する電話番号もあります。その場合、折り返されてしまったらバレるケースも皆無ではありません。

しかしほとんどの消費者金融では消費者金融とすぐにバレないように対処してくれています。なかには発信専用ダイヤルで折り返しできない番号を利用しているところや電話をかけるとき以外はオフにしている携帯からかけてくれるところもあるそうですよ。

ただ、もし職場に消費者金融を利用している人がいる場合は疑われる可能性があります。これは「クレジットカードを作る」とシラを切るしかなさそうですね。

もし会社を退職していたら?

もしすでに退職している会社名を記入していたり、実際には働いていない会社や架空の勤務先を記入した場合はどうなるのでしょう。これは虚偽申請となり嘘がバレたら即審査落ちとなります。働いていなかったり、休職期間が長い場合はキャッシングを利用することはできないので、しっかりと働き口を見つけてから申込みをしましょう。

審査では細かく調査したり確認を行っているので嘘は必ずバレると思っていたほうがいいです。もし虚偽申請をしてそれが悪意のあるものだった場合、要注意人物とマークされて下手をしたらキャッシングを利用することができなくなるかもしれませんよ。

派遣社員の在籍確認は?

働いているのは正社員やアルバイトとは限りません。雇われている場所と働いている場所が異なる派遣社員の場合の在籍確認はどこへ電話連絡がいくのでしょうか?

基本は申込用紙に記入された職場へ電話連絡が行きます。しかし記入していいのは派遣会社であって派遣先ではないので注意してください。派遣先の職場を間違って記入した場合は虚偽と判断されて審査を落とされることがあります。派遣会社には事前に「在籍確認の電話がくる」と伝えておいたほうが無難でしょう。

学生の在籍確認は?

学生の場合、キャッシング額も低く審査事態があまり厳しくないためほとんど在籍確認は行いません。それに学生のアルバイト先はコロコロ変える人も多いので無駄足になるケースが多いのです。

ただしアルバイト先が記入されている場合は、その店舗は存在するのか電話番号は合っているのか程度は確認することがあるみたいです。しかしなかには社名の入ったネームプレートや制服を写真などで証明させる消費者金融もいるようで学生の在籍確認はゼロとは言えません。

専業主婦の在籍確認は?

専業主婦でも旦那さんに安定した収入があれば銀行でお金を借りることが可能です。しかし専業主婦なので在籍確認はありません。

自分がなくても旦那さんの職場に在籍確認がいくのではないかと心配になる人がいるかと思いますが、電話確認がいくということはないので安心してください。

審査以外でも職場に電話がくる?

キャッシングをする場合、審査以外でも職場に電話がかかってくることがあります。それは返済を延滞した場合です。もちろんいきなり職場にかけてくるということはありません、本人の自宅や携帯電話がつながらずやむを得ない場合に限ります。

延滞だからといっても「プロミスですが返済が遅れてます」と他人にキャッシングとわかるような電話はかけてはきませんので安心してください。返済が遅れたらヤクザまがいの脅迫電話で返済を要求したり職場にたずねてくる・・・というのは昔はあったようですが、今は法改正でそのようなことはしません。

督促は朝9時〜夜8時までと決まってますし、職場に取り立てにいくのもNGとされています。もし怒鳴ったり脅迫めいたことをしたりしたら法律違反から営業停止を命じられるのでマトモな消費者金融ならナイと思っていいでしょう。

ちなみに返済督促の電話は返済期日を過ぎた2〜3日目にかかってくるケースが多いようです。まずは自宅や携帯電話にかかってくるのでしっかり出ること。延滞してしまいそうなら「◯日までに支払います」と素直に伝えましょう。そうすることで職場に電話されるリスクを下げることができます。

いかがでしたか?キャッシングにおいて会社への電話確認は、利用者の信用を勝ち取るためのやむを得ないことのようです。すぐにキャッシングとわかるような電話ではないこと、本人確認がとれるまでは社名を名乗らないと知って安心した人もいるのではないでしょうか。

審査をより確かに、よりスムーズに通過させるためには事前に職場に連絡しておくのが得策のようですね。必要以上に電話確認を意識しすぎるとかえって怪しまれるかもしれませんので、平常心でいることがバレない一番の秘訣かもしれません。

なかには指定された書類を提出すれば電話確認をせず在籍を認めるところもいくつかあるようです。どうしても職場へ電話してほしくない場合は電話以外の在籍確認ができるところを選ぶようにしましょう。