消費者金融系カードローンの特徴

お金借りる委員会

消費者金融系カードローンの特徴とメリット

消費者金融系カードローンの特徴

キャッシング、カードローンは、もともと消費者金融が主に扱っていました。以前は金利が高く、また店舗に入りにくいという印象がありましたが、今は全く別のサービスと言って良いほどイメージが変わっています。

大手カードローン会社の多くがメガバンクのグループに加わり、法令を遵守して利用しやすい金融サービスとして生まれ変わりました。

では、以前と比べてどんな点が変わったのか、銀行系カードローンとはどんな点が異なるのかについて、詳しくご紹介します。

消費者金融系の金利が高い理由

まず消費者金融系のカードローンは、銀行系カードローンより上限金利が高く設定されています。その差は各サービスによりますが、4〜5%程度です。

どうして消費者金融系カードローンの方が金利が高いかというと、「無担保ローンである」「審査が柔軟」「返済されないリスクがある」という理由が挙げられます。

担保とは簡単に言うと、貸す側がお金を返済して貰えなかった時に代わりの財産を貰うという契約で、不動産などの物的担保や保証人などの人的担保があげられます。

消費者金融系のキャッシングは、これらの担保や保証人を必要としないため、もしも債務者が返済出来なくなっても代わりの財産を請求することが出来ません。

とはいえ、無担保で借入れが出来るのは銀行系のカードローンも同じです。ただし銀行系カードローンは審査が厳しく、若年層や専業主婦、収入が低く信用情報にキズがついている人は審査に通過する確率が低くなります。

一方で消費者金融系は銀行と比べて柔軟に審査をしてもらえるという特徴があり、新卒の社会人や主婦、軽微な返済遅れが過去にあった人でも審査に通る可能性があります。

このように消費者金融系カードローンはお金に困っている人の味方ではありますが、その反面、返済されずに貸し倒れとなってしまうリスクも高いという事になります。下手をすると消費者金融会社の存続にも関わってしまいますので、消費者金融系のキャッシングやカードローンは金利が高めに設定してあるのです。

昔と比べると金利はかなり安くなった!

今から考えると信じられない話かもしれませんが、1954年に制定された出資法で定められた規定金利は、なんと109.5%という途方も無いものでした。つまり、100万円借りたら約109万の金利がついて、返済総額は209万円になってしまうんです。当時は強硬な取り立ても行われていて、借金返済を苦にした夜逃げや自殺者が後を絶たず、社会問題にもなりました。

その後、時代と共に出資法の上限金利は引き下げられ、2000年になって29.2%になりましたが、出資法や利息制限法の穴を突いたグレーゾーン貸し付けが問題となり、2010年に今の上限金利である20%に落ち着きました。

現在の出資法で定められた上限金利は、10万円以下の貸付けなら20%、10万円〜100万円未満の貸付けなら18%となっていますが、現在はほとんどの消費者金融系のカードローンが10万円未満でも18%を上限金利としています。

こうして見てみると、金利の歴史はかなりの変貌を遂げていた事がわかりますね。戦後間もない頃の金利は109.5%と今では想像も出来ない高金利でしたが、今では消費者金融系のカードローンは法律できちんと定められたルールを守って運営されています。

契約や借入に関しても以前の様に店舗へ行く必要は無く、パソコンやスマホからインターネット経由で申し込むことが可能で、自分の口座へ即日融資してもらうことも出来る様になり、今は大変身近な金融サービスとなりました。

消費者金融系カードローン特徴と安心出来る理由

消費者金融系のカードローンを利用する時、どんな会社が運営しているんだろうと不安になる方もいると思いますが、大半の消費者金融系のカードローン会社は大手メガバンクのグループに入っています。誰でも知っている、三井住友グループや三菱東京UFJグループをはじめとした大手メガバンクの傘下に入り、厳しい管理のもとに運営・経営が行われていますので、バックボーンはしっかりしています。

消費者金融系を利用するメリットとしては「審査が柔軟」である事と、「審査が早い」ことが挙げられます。今すぐお金が必要な方にとっては、審査が早く、出来れば即日融資をしてもらえる事が最優先事項である事が多いので、消費者金融系カードローンはそのような利用者にとって最適なサービスだと言えます。

日中なかなか時間が取れないという方でも、自宅のパソコンから24時間申し込みをすることが可能ですし、ちょっとした空き時間を利用してスマートフォンから申し込みをすることも出来ます。

カードの受け取りも後日郵送のほか、近所に自動契約機があればそこで受け取ることも出来ますので、店舗に出向く必要がないのも特徴の一つです。もちろん、審査に通過した場合は自分の銀行口座へ即日振込をしてもらうことも出来ますので、特に急いでいる場合は心強いサービスと言えるでしょう。

このように、消費者金融系のカードローンは以前と比べて大変利用しやすい金融サービスとなりました。銀行のその他のサービスと連携して、金利がさらに低くなったり一定期間無金利で利用出来るサービスなどもありますので、検討をしている方は当サイトでそれぞれのサービスを比較してみてください。