おまとめローンのメリットとデメリット

お金借りる委員会

おまとめローンの仕組みとメリット・デメリット

おまとめローンのメリット・デメリット

「複数のカードローンやキャッシングでそれぞれ借入をしている」という場合、月の支払い日がバラバラで管理が大変になりますよね。また、カードローンの契約ごとに金利もかかりますので、トータルするとかなりの金利を合わせて返済する事になります。

そこで利用したいのが「おまとめローン」です。

おまとめローンとは、現在借入をしているカードローンやキャッシングを全部まとめて一本にする、主に銀行や信用金庫、消費者金融が行っているサービスです。

では、おまとめローンはどのような仕組みになっているのでしょうか?

おまとめローンの仕組みと返済方法

おまとめローンというのは、簡単に言えばいま借りている借金の総額を新たに借入契約することです。

仮にA社で10万円、B社で20万円、C社で50万円の借入があったとします。合計の借入額は80万円になります。

これらを、おまとめローンのサービスを提供しているD社と契約すると、D社は契約者に80万円を貸し付ける形でA社、B社、C社のそれぞれの業者に一括返済を行います。

これでA社、B社、C社の借入は無くなり完済となりますので、あとは80万円をD社に返済して行くだけです。

つまり、おまとめローンのサービスを行っている銀行などの金融機関が、借金の全額を一度立て替えてくれるシステムなのです。複数の借入れがあり、返済に追われている方にとっては救世主とも言えるおまとめローンですが、実はメリットもあればデメリットもあります。

おまとめローンのメリットは何と言っても借入の一本化

おまとめローンのメリットは、まず「借入を一本化できる」という所にあります。

月の支払い日が一回になるだけでなく、おまとめローンは金利が低く抑えられているため、以前と比べて支払い金額が少なくなり毎月の負担が軽くなります。

銀行などのおまとめローンは、借入する金額の総額にもよりますが金利が4%程度からとなっていますので、今まで18%の金利の業者から借り入れていたとしたら金利の差額分だけを見てもかなり安くなりますよね。

複数の業者から借入をしていると、計画的な返済計画を立てることも難しくなってきます。「とにかく今月分の返済をなんとかしなくては」という感じで完済日付など考える暇もなくなりがちです。

そういった点でも、おまとめローンは「計画的な返済」が出来る環境を作ってくれる非常にメリットのあるサービスだと言えるでしょう。気がついたら借金が膨れあがってしまったという場合でも、自暴自棄にならず完済を目指す事ができるようになります。

また、急な事情で返済についての相談をしたいと思った時に、それぞれ何社も連絡したり手続きしたりするのを繰り返さなくてはいけないのは、かなり大変ですよね?

おまとめローンにすればこれからの返済は1社になりますので、手続きや返済相談も余計な手間をかけずに行うことができます。

消費者金融のおまとめローンを利用する場合は、「返済専用のローン」になるのもひとつの特徴です。返済専用ですから、新しく借入が増える事もありませんので「うっかりまた借りてしまった...」という事もありません。

おまとめローンにデメリットはあるの?

良いこと尽くめに思えるおまとめローンのサービスですが、ではデメリットはあるのでしょうか?

実は、契約する際に気をつけなければいけない点がいくつかあります。

おまとめローンのサービスを行っている金融機関によっては、おまとめローンを利用した後に他社のキャッシングやカードローンで借入をした場合、契約違反となる場合があります。

契約違反になるとどうなるかと言うと、分割での返済が認められず、一括返済を求められたり保証人や担保を新たにつけなくてはいけないなど面倒な事になってしまいます。

これらのトラブルをなくすためにも契約する際は事前確認をしっかり行う事が重要ですが、おまとめローンの返済をしながら他社で再び借入をするのは賢いとは言えません。

ですので、「おまとめローンを利用している間は他社での借入はNG」と考えた方が良さそうです。

また、一部の銀行が扱っているおまとめローンは追加融資が可能なケースもありますが、基本的には追加融資は受けられないと考えておきましょう。

一般のキャッシングやカードローンは必要な時にすぐに借入が出来ましたが、おまとめローンを利用するとそれらも利用できなくなります。これは総量規制も一部関係しているためで、おまとめローンとしての借入総額に加え、あらたにカードローンの借入を認めてしまうと借金の総額が年収の3分の1を超えてしまうケースが多発する可能性があるからです。

こう書くと大変な事のように思われるかもしれませんが、今までの借入れを一つにまとめて返済するために新しい借入を作るのは返済の負担を増やす事にしかなりませんので、借金を無くすことを最大の目的にしているのであれば追加融資は利用しない方が得策です。

あとは、通常のカードローンやキャッシングの審査に比べて審査に時間がかかるという点もあげられます。提出する書類も多く、審査も若干厳しい傾向にあります。

今までの借入れをまとめるとなるとそれなりに大きな金額になりますので、当然ではありますがそれに見合った審査が必要になります。

このように、おまとめローンのメリット・デメリットをまとめると、追加の借入が受けられない、もしくは難しいという点は確かにデメリットかもしれませんが、基本的にメリットの方がはるかに大きいと言えます。

複数の借入れによる返済の手間と心理的な負担を無くし、低金利のローンにまとめる事で全体的な返済金額を減らすことができます。

もしあなたが複数の借入れの返済で困っているといるなら、おまとめローンを検討してみてはいかがでしょうか。